中京大中京サヨナラ勝ち 高橋宏斗が初2被弾も決勝

<明治神宮大会:中京大中京10-9天理>◇18日◇高校の部準決勝◇神宮

中京大中京は最大4点リードを許したが、終盤の追い上げで逆転勝ちした。9-9の9回2死満塁で中嶌優二塁手(2年)が右前へサヨナラ打。「エースが一生懸命、投げていた。応えたかった」と、6回からリリーフした高橋宏斗投手(2年)を助けた。

その高橋宏は本塁打2発で3失点。「1試合2本は初めて。変化球が高くて打たれました。直球では押せたので、直球を生かしながらの変化球が課題です」と決勝へ気を引き締めた。

その他の写真

  • 天理対中京大中京 5回裏中京大中京 6回表天理1死一塁、瀬(右)に2点本塁打を打たれる高橋宏(撮影・大野祥一)
  • 天理対中京大中京 9回裏中京大中京2死満塁、中嶌はサヨナラの右前適時打を放ちガッツポーズ(撮影・足立雅史)