早実、国士舘に敗れる、清宮福太郎は1安打/西東京

  • 敗戦し応援席にあいさつする早実・清宮(左から2人目)(撮影・鈴木正人)

<高校野球西東京大会:国士舘4-1早実>◇3日◇準々決勝◇ダイワハウススタジアム八王子

早実が準々決勝で国士舘に敗れた。清宮福太郎外野手(2年)は「4番左翼」で出場し1安打(内野安打)だった。

清宮の第1打席は、2回先頭で空振り三振。国士舘・中西健登投手(3年)の外の真っすぐにバットが回った。

3点を追う4回1死走者なしで迎えた第2打席は、カウント1-2からの4球目を打ち上げ、右飛に倒れた。

2点差として迎えた6回2死走者なしでの第3打席は初球ファウルの後の2球目を引っかけて、三塁へのボテボテのゴロ。三塁手から一塁へ送球が乱れ、当初は相手の失策がついたが、記録が訂正され、この一打が内野安打となった。