姫木が満塁弾!日大藤沢タイブレーク勝利/神奈川

  • 日大藤沢対藤沢翔陵 10回表日大藤沢2死満塁、姫木(右)は右越え本塁打を放ち菊池とタッチ(撮影・鈴木正人)
  • 日大藤沢対藤沢翔陵 10回表日大藤沢2死満塁、姫木の右越え本塁打で喜ぶ選手たち(撮影・鈴木正人)
  • 日大藤沢対藤沢翔陵 1回表日大藤沢無死、牧原は中前安打を放つ(撮影・鈴木正人)

<高校野球神奈川大会:日大藤沢15-7藤沢翔陵>◇13日◇4回戦◇サーティーフォー保土ケ谷球場

日大藤沢が延長10回タイブレークの末、藤沢翔陵を突き放した。

日大藤沢は5-3とリードして迎えた9回、相手5番の適時打と犠飛で同点に追いつかれた。

延長10回は無死一、二塁からのタイブレークとなり、5番の山崎隼外野手(3年)が中越えの2点適時二塁打、無死三塁から今野日向外野手(3年)の適時三塁打、さらに2死満塁から姫木陸斗外野手(3年)に満塁弾が飛び出し、一挙8点を挙げ、その裏の相手の反撃を抑えた。両軍合計31安打の乱打戦だった。プロ注目の牧原巧汰捕手(3年)は、3安打したが、打点にはからまなかった。