大谷「1打席1打席、前進している」左腕から2安打

  • FacebookMessenger
  • TL

<エンゼルス2-5レンジャーズ>◇10日(日本時間11日)◇エンゼルスタジアム

エンゼルス大谷翔平投手(24)が、7回の第4打席で左前適時打を放った。

3点を追う2死一、三塁の場面、レンジャーズは2番手の右腕サッゼクから左腕クラウディオへスイッチした。変則左腕に対し、大谷はフルカウントからの外角シンカーをミートし、左方向への流し打ち。一時は点差を2点に縮め、流れを引き寄せる一打を放った。

試合には負けたものの、4打数2安打で8試合連続安打をマーク。打撃について「いい形で入れていると思う。もっと、得点機会にしっかり仕事ができるように頑張りたい」と話した。この日は左腕から2安打。「(対戦する)量が多くなってきているので、その分、進歩するんじゃないかなと思ってますし、1打席1打席、前進はしているかなと思うので、このままいけるように頑張りたい」と引き締めた。

このニュースの写真

  • 7回に適時打を放ったエンゼルス大谷は、ベンチでナインにハイタッチで迎えられる(撮影・菅敏)
  • FacebookMessenger
  • TL