筒香、無安打も四球出塁から決勝ホーム踏む渋い働き

  • ヤンキース戦の8回、四球で出塁後、後続の犠飛で決勝の生還を果たし、祝福されるレイズの三走筒香(右)(AP)

<レイズ-ヤンキース>◇7日(日本時間8日)◇トロピカーナフィールド

「6番DH」で出場したレイズ筒香嘉智外野手は2打数無安打1四球だった。

田中との初対決を前に、オンライン会見で「大先輩ですし、米国でも活躍しているすばらしい投手。対戦する中で学ばせていただくことがあると思うのでうれしく思います」と話していたが、田中に対しては2打席凡退。一方で0-0で迎えた8回無死、フルカウントから際どい球を選んで四球とし、後続の犠飛で決勝のホームを踏む渋い働きも見せた。キャッシュ監督は「こういうクリーンな野球をやるのはいい」と振り返った。