オリックス・マレーロが適時打「積極的に行こうと」

<オリックス2-5ソフトバンク>◇29日◇京セラドーム大阪

オリックスのクリス・マレーロ内野手(30)が、試合を接戦に持ち込む適時打を放った。2点を追っていた2回、先頭のロメロ、中川の連打で一、二塁。白崎、頓宮が倒れて2死となったが、マレーロが左前にしぶとくはじき返し、1点を返した。

「チャンスだったし、積極的に打ちに行こうと思っていたよ。ランナーを返すバッティングができてよかった」と、自身5試合ぶりの打点を喜んだ。

その他の写真

  • オリックス対ソフトバンク 2回裏オリックス2死一、二塁、クリス・マレーロの左前打で生還のステフェン・ロメロ(手前右)を出迎えるオリックスベンチ(撮影・上山淳一)