オリックス 初回先頭打者内野安打のみ勝利は史上初

<オリックス1-0楽天>◇16日◇京セラドーム大阪

オリックスは初回先頭の福田が打った1安打で勝った。1安打勝利は15年7月10日日本ハム以来でプロ野球37度目(他に0安打勝利が1度)になるが、初回先頭打者の1安打で勝ったのは00年5月23日広島以来、19年ぶり5度目。

福田は遊撃への内野安打。内野安打1本で勝利は92年9月23日巨人が阪神戦の7回、佐藤洋の三安だけで勝利して以来、27年ぶり。初回先頭打者の内野安打1本で勝ったのはプロ野球史上初めてだ。ちなみに、西村監督はロッテ選手時代の89年8月31日日本ハム戦で、西村監督が初回先頭で打った1安打で勝っている(決勝点は9回に無安打で記録)。

その他の写真

  • オリックス対楽天 1回裏オリックス1死一、三塁、吉田正尚の先制犠飛で生還した福田を迎える山岡(右から2人目)ら(撮影・渦原淳)