緒方監督「接戦勝ちきる采配できてない」一問一答

<阪神4-2広島>◇21日◇甲子園

広島が阪神に逆転負けし、2カ月ぶりの4連敗となった。好投のクリス・ジョンソン投手(34)が6回に2暴投で同点に追いつかれ、2番手菊池保則投手(30)が2イニング目の8回、北條に決勝2ランを浴びた。緒方孝市監督(50)の談話は以下の通り。

 

-ジョンソンの2暴投が痛かった

緒方監督 いい投球をしていただけに、あそこはね。

-切り抜けられればもう少し長く投げられた

緒方監督 選手は全力を出してやってくれている。接戦を勝ちきる采配ができていない。

-中日戦が厳しい戦いになる

緒方監督 1試合1試合全力を出し切る気持ちは変わらないよ。

その他の写真

  • 阪神対広島 8回裏阪神1死二塁、菊池保(左から2人目)は北條(手前)に左越え2点本塁打を浴びボー然とする(撮影・上山淳一)