西武山川に悲壮感なし「思い切って切り替えて」

西武山川穂高内野手が開き直っての逆襲を誓った。

3連敗で後がない状況にも悲壮感はなく「もともと(首位と最大)8・5ゲーム差からここまできたんでね。チャレンジャーとしてやるしかない」。台風による順延に「思い切って切り替えて、割り切って全部出すしかない」と話した。ここまで3試合で1発こそないが、9打数3安打に4四球で出塁率5割3分8厘。シーズン後半から常々、話しているように「自分のことより、チームの勝利」。まずは1つ勝って流れを変える。