1. スコア速報
  2. プレミア12
  3. 契約更改
  4. 戦力外他

ソフトバンク日本一王手!巨人崖っぷち/日本S詳細

<SMBC日本シリーズ2019:巨人2-6ソフトバンク>◇第3戦◇22日◇東京ドーム

ソフトバンクが逆転勝ちした。2-2の4回に代打長谷川勇の犠飛、デスパイネの2点適時打などで4点を勝ち越した。バンデンハークを4回2失点も、救援陣が得点を許さなかった。巨人は亀井が先頭打者弾を含む2本塁打と気を吐いたが投手陣が持ちこたえられなかった。

1球詳細



チーム
ソフト
巨 人

【ソ】バンデンハーク、○石川、甲斐野、モイネロ、森

【巨】高橋、鍵谷、●戸郷、高木、沢村、田口、中川

【本】亀井1、2号(巨)グラシアル2号(ソ)


試合後

巨人に勝利して喜ぶ内川(右奥)らソフトバンクナイン(撮影・加藤諒)
巨人に勝利して喜ぶ内川(右奥)らソフトバンクナイン(撮影・加藤諒)
巨人に3連勝しハイタッチをかわすソフトバンクナイン(撮影・梅根麻紀
巨人に3連勝しハイタッチをかわすソフトバンクナイン(撮影・梅根麻紀
巨人対ソフトバンク 工藤監督(手前)と握手を交わすデスパイネ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 工藤監督(手前)と握手を交わすデスパイネ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 孫正義ソフトバンクオーナー(右)の出迎えを受ける工藤監督(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 孫正義ソフトバンクオーナー(右)の出迎えを受ける工藤監督(撮影・栗木一考)

試合経過

<9回>

ソフトバンク 1死から途中出場の福田が二安。グラシアルの初球に二盗成功。後続が倒れ追加点ならず

巨人 5番手は守護神森。阿部が右前打。1死後、ゲレーロの打席でバッテリーエラー。代走増田が三塁を狙うもタッチアウト

巨人対ソフトバンク 9回表ソフトバンク1死一塁、打者ジュリスベル・グラシアルの時、一塁走者福田は二盗。野手田中俊(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 9回表ソフトバンク1死一塁、打者ジュリスベル・グラシアルの時、一塁走者福田は二盗。野手田中俊(撮影・栗木一考)
力投するソフトバンク5番手の森(撮影・加藤諒)
力投するソフトバンク5番手の森(撮影・加藤諒)
巨人対ソフトバンク 日本シリーズ3連敗となり厳しい表情を見せる原監督(後方右端)ら巨人ナイン(撮影・足立雅史)
巨人対ソフトバンク 日本シリーズ3連敗となり厳しい表情を見せる原監督(後方右端)ら巨人ナイン(撮影・足立雅史)

ラグビー日本代表稲垣、9回にアナウンスもまた「笑顔」なし…

場内アナウンスで紹介され、手を挙げて歓声に応えるラグビー日本代表の稲垣(撮影・加藤諒)
場内アナウンスで紹介され、手を挙げて歓声に応えるラグビー日本代表の稲垣(撮影・加藤諒)

<8回>

ソフトバンク 7番手・初登板中川の前に3者凡退。坂本勇が軽快な守備を披露

巨人 4番手はモイネロ。1死から丸が四球も岡本が三併殺。ファンも思わずガックリ

8回表ソフトバンク1死、遊撃手坂本勇は牧原のゴロを好捕し、一塁へ送球しアウト(撮影・加藤諒)
8回表ソフトバンク1死、遊撃手坂本勇は牧原のゴロを好捕し、一塁へ送球しアウト(撮影・加藤諒)
巨人対ソフトバンク 8回裏巨人1死一塁、三併殺打に倒れる岡本(撮影・足立雅史)
巨人対ソフトバンク 8回裏巨人1死一塁、三併殺打に倒れる岡本(撮影・足立雅史)

<7回>

ソフトバンク 6番手田口の前に初の3者凡退

巨人 3番手は新人王候補の甲斐野。1死から田中俊が右前打も後続が連続三振。甲斐野のフォークに手が出ず

7回、応援するソフトバンクファン(撮影・清水貴仁)
7回、応援するソフトバンクファン(撮影・清水貴仁)
巨人対ソフトバンク 3番手で登板する甲斐野(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 3番手で登板する甲斐野(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 7回裏巨人無死、飛球を追う捕手甲斐(左)に「止まれ」のしぐさを見せる巨人原監督(中央)(撮影・足立雅史)
巨人対ソフトバンク 7回裏巨人無死、飛球を追う捕手甲斐(左)に「止まれ」のしぐさを見せる巨人原監督(中央)(撮影・足立雅史)

<6回>

ソフトバンク 2死から柳田、デスパイネが連続四球。グラシアルは中飛で追加点ならず

巨人 2イニング連続の3者凡退。ファンからは思わずため息

巨人対ソフトバンク 6回裏巨人1死、投ゴロに倒れた阿部(撮影・足立雅史)
巨人対ソフトバンク 6回裏巨人1死、投ゴロに倒れた阿部(撮影・足立雅史)

<5回>

ソフトバンク 5番手は沢村。松田宣は四球。2死二塁となり中村晃は空三振

巨人 2番手石川の前に3者凡退。坂本勇は3打席連続三振

5回裏巨人1死、坂本勇は空振りの三振(撮影・梅根麻紀)
5回裏巨人1死、坂本勇は空振りの三振(撮影・梅根麻紀)

<4回>

ソフトバンク 3番手は戸郷。1死満塁から、代打長谷川勇が初球を犠飛とし勝ち越し。再び満塁となり柳田は押し出し四球、デスパイネは左前2点適時打でリードは4点。4番手高木が登板し後続を斬る

巨人 2死から大城の中前打と2四球で満塁。代打重信は空三振…第1戦に続きまたも好機で凡退

■ソフトバンク・デスパイネ(2打席連続の適時打)「打ったのはカットボール。少し(体勢を)崩されたけど、いいところに飛んでくれた。みんながつないでくれたチャンスなので打ててよかった」

巨人対ソフトバンク 3回表ソフトバンク1死満塁、代打長谷川勇は勝ち越し左犠飛を放つ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 3回表ソフトバンク1死満塁、代打長谷川勇は勝ち越し左犠飛を放つ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 4回表ソフトバンク2死満塁、デスパイネの左前2点適時打に盛り上がるベンチ(撮影・梅根麻紀)
巨人対ソフトバンク 4回表ソフトバンク2死満塁、デスパイネの左前2点適時打に盛り上がるベンチ(撮影・梅根麻紀)
巨人対ソフトバンク 4回裏巨人2死満塁、代打重信(手前)が空振り三振に倒れ天を仰ぐ原監督(中央)(撮影・足立雅史)
巨人対ソフトバンク 4回裏巨人2死満塁、代打重信(手前)が空振り三振に倒れ天を仰ぐ原監督(中央)(撮影・足立雅史)

<3回>

ソフトバンク 1死から川島が特大ファールからの四球。今宮は中前打で一、二塁。2死後、デスパイネが中前適時打!待望の日本シリーズ初安打。2番鍵谷は後続を斬る

巨人 1死から亀井が2打席連続の本塁打!確信歩きからのガッツポーズ

グラシアル豪快弾&デスパイネ適時打

巨人対ソフトバンク 3回表ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネは中前に勝ち越し適時打を放つ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 3回表ソフトバンク2死一、二塁、デスパイネは中前に勝ち越し適時打を放つ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 3回裏巨人無死、亀井は右越えに同点本塁打を放ち、ベンチにアピール(撮影・梅根麻紀)
巨人対ソフトバンク 3回裏巨人無死、亀井は右越えに同点本塁打を放ち、ベンチにアピール(撮影・梅根麻紀)

<2回>

ソフトバンク グラシアルが同点弾!フルカウントからの変化球をバックスクリーンへ

巨人 2死からゲレーロが左二塁打。デスパイネが懸命に追うも届かず…。田中俊は二ゴロ。“KZ3”こと川島が二塁ベースよりの打球を好捕しジャンピングスロー!

巨人対ソフトバンク 2回表ソフトバンク無死、グラシアルは中越えに同点ソロ本塁打を放ちポーズ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 2回表ソフトバンク無死、グラシアルは中越えに同点ソロ本塁打を放ちポーズ(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 2回裏巨人2死、ゲレーロの打球を追いかけフェンスにぶつかる左翼手デスパイネ、結果は二塁打(撮影・清水貴仁)
巨人対ソフトバンク 2回裏巨人2死、ゲレーロの打球を追いかけフェンスにぶつかる左翼手デスパイネ、結果は二塁打(撮影・清水貴仁)
巨人対ソフトバンク 2回裏巨人2死二塁、田中俊の打球を一塁へ送球するソフトバンク川島(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 2回裏巨人2死二塁、田中俊の打球を一塁へ送球するソフトバンク川島(撮影・栗木一考)

<1回>

ソフトバンク 2死から柳田は四球。デスパイネはスクリューに空三振

巨人 亀井が高めの直球を捉え先頭打者本塁打。坂本勇から3者連続で空三振

■巨人亀井(先制の先頭打者本塁打)「勝つしかないからね。それだけ、それしかないね」

巨人対ソフトバンク 巨人先発の高橋(撮影・垰建太)
巨人対ソフトバンク 巨人先発の高橋(撮影・垰建太)
巨人対ソフトバンク 巨人打線を相手に力投するバンデンハーク(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 巨人打線を相手に力投するバンデンハーク(撮影・栗木一考)
巨人対ソフトバンク 1回裏巨人無死、右越え先頭打者本塁打を放ち生還する亀井(撮影・清水貴仁)
巨人対ソフトバンク 1回裏巨人無死、右越え先頭打者本塁打を放ち生還する亀井(撮影・清水貴仁)

スタメン

【ソフトバンク】

1(二)川島

2(遊)今宮

3(中)柳田

4(左)デスパイネ

5(右)グラシアル

6(三)松田宣

7(一)内川

8(捕)甲斐

9(投)バンデンハーク

【巨人】

1(右)亀井

2(遊)坂本勇

3(中)丸

4(三)岡本

5(一)阿部

6(捕)大城

7(左)ゲレーロ

8(二)田中俊

9(投)高橋

◆ノーベル化学賞受賞の吉野彰氏が始球式

ノーベル賞の吉野彰さんが始球式「コース良かった」

始球式を行う吉野彰氏(撮影・加藤諒)
始球式を行う吉野彰氏(撮影・加藤諒)
巨人対ソフトバンク 試合前、握手を交わす巨人原監督(右)とノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(撮影・垰建太)
巨人対ソフトバンク 試合前、握手を交わす巨人原監督(右)とノーベル化学賞を受賞した吉野彰氏(撮影・垰建太)

◆影山ヒロノブが国歌斉唱

君が代独唱を行った影山ヒロノブ(撮影・足立雅史)
君が代独唱を行った影山ヒロノブ(撮影・足立雅史)

◆ラグビー日本代表の稲垣も観戦!東京ドームでも「笑顔」なし…

巨人対ソフトバンク 観戦に訪れたラグビー日本代表の稲垣(撮影・たえ見朱実)
巨人対ソフトバンク 観戦に訪れたラグビー日本代表の稲垣(撮影・たえ見朱実)

◆00年の日本シリーズ 長嶋監督の巨人と王監督のダイエーによる「ON対決」。<1><2>戦は城島の2試合連発などでダイエーが連勝。このシリーズは福岡での学会開催と重なり、3連戦→2日間試合なし→4連戦の変則日程だった。移動日なしの<3>戦は福岡ドームで高橋由、松井のアベック弾が飛び出し、流れを変えた巨人が敵地3連勝。<5>戦では高橋尚が史上初の新人完封。本拠地に戻った<6>戦も快勝し、3本塁打、8打点の松井がMVPに輝いた。

おすすめ情報PR

野球ニュースランキング

    更新