盛岡大付・佐々木が東海大合格「打撃も守備も自信」

みちのく高校球界を沸かせた甲子園経験者2人の東海大(首都)合格が、19日までに決まった。今夏に3季連続甲子園出場を果たした八戸学院光星(青森)の最速142キロ右腕・後藤丈海投手(3年)は、スライダーなどの変化球に加え、気持ちの強さが武器。今春センバツに出場した盛岡大付(岩手)の佐々木俊輔内野手(3年)は、走攻守3拍子そろったセンスの良さが光る。

リーグ戦4季連続73度目の優勝を誇る全国屈指の強豪で、技術面も精神面もさらに磨きをかける。

   ◇   ◇   ◇

盛付劇場の「ドラマを呼ぶ男」佐々木が、次の舞台でも主役となる。「高いレベルで自分の力を試せるし、高いレベルの仲間と切磋琢磨(せっさたくま)出来る場所でやらせてもらえることに感謝です」。早くも明治神宮大会4強の東海大進学を見据えて木製バットで本格練習を始めており「大学4年間で大学選手権や神宮大会に出て活躍したい。将来はプロの世界にも挑戦できるように成長したい」と目標を掲げた。

昨夏の岩手大会では、準々決勝盛岡商戦で本盗を決め、サヨナラ勝ちを導いた。昨秋は準決勝で大船渡・佐々木朗希投手(3年)に計10安打を浴びせ、7-5と攻略。東北大会で準優勝し、センバツにも出場。2回戦で龍谷大平安(京都)に敗れはしたが、2戦合計9打数3安打と存在感を示した。劇的勝利の中心には、いつも佐々木がいた。

今夏初戦で逆方向の左翼席に高校通算21号となる本塁打を放つなど、長打力も兼ね備えている。だが、一関工の軟投派投手に苦戦し、3回戦敗退の屈辱も味わった。「油断していた部分があったのは確か。どんな相手でも、やる野球を貫かなくてはいけないことを学んだ」と教訓も得た。

二遊間で活躍してきたが、内外野すべてのポジションを経験してきた強みもある。逆立ちが得意など、バランス感覚も抜群。「打撃も守備範囲の広さも自信がある。盛り上げる声とかも大事にしていきたい」。中学時代の花巻シニアでは、巨人ドラフト1位指名の青森山田・堀田賢慎投手(3年)と一緒にプレー。「Tokai」のユニホームで、先に夢舞台に挑む友の背中も追う。

◆佐々木俊輔(ささき・しゅんすけ)2001年(平13)7月18日生まれ、岩手・北上市出身。飯豊MAXスポーツ少年団で野球を始め、飯豊中では花巻シニア所属。50メートル走は6秒2。172センチ、68キロ。右投げ左打ち。家族は両親と兄。血液型A。目標の選手は西武源田。