阪神植田が遊撃奪取へ打力向上宣言、盗塁増も意欲

遊撃のポジション奪取へ、阪神植田海内野手は打力向上を宣言した。

鳴尾浜球場で練習し「(レギュラーに向けては)打撃ですかね。キャンプでタイミングの取り方などいい感じに思ったことを継続して」と、昨年2割4分2厘だった打率のアップを期している。もちろん俊足は大きな武器。「試合に出たら40~50(盗塁)くらいはしたい」。先発での出場試合数増がカギとなる。