美馬学がロッテ客観視「聞かれたら伝えられれば」

  • 自主トレを公開したロッテ美馬(左から2人目)は肩を組み記念撮影する。左から西武榎田大樹、1人おいて同野田、同粟津(撮影・滝沢徹郎)

対岸で感じたマリーンズを伝える。楽天からFAでロッテに移籍した美馬学投手(33)が16日、都内で自主トレを公開した。開幕投手候補にも挙がる10年目右腕は「優勝したくてロッテに来たので、しっかり目指してやっていきたい」と意気込み、肩もかなり出来上がっていた。

優勝へ、できることは多い。昨季ロッテ戦では8度先発。四死球での自滅が少ない美馬だからこそ、感じるものもある。「状況によって変わる打者が多い。ここぞという時に力を発揮する選手が多いなと思っていました」。特に初回とビッグイニングには警戒していたという。

もちろん、課題も感じている。「何でこうしなかったんだろう、というポイントは少しありました。何となくでも、聞かれたら伝えられれば」。投手・美馬がどう対策されていたかも気になる。これからは頼もしい味方同士。客観視がチームを底上げする。【金子真仁】