ソフトバンク平石コーチ「なんで楽天が…」上林評価

  • 記者の質問に笑顔で答える平石コーチ(撮影・栗木一考)
  • 練習を視察に訪れた平石コーチ。左は柳田(撮影・栗木一考)

新任のソフトバンク平石洋介1軍打撃兼野手総合コーチ(39)が、就任後初めて福岡・筑後のファーム施設を訪れた。

「うわさには聞いてましたが、本当に立派な施設だな」と目を丸くしながら、新人合同自主トレやリハビリ中の選手の姿を見つめた。

秋季キャンプでは指導にあたったが、不参加だった選手たちとはこれが就任後初対面。右肘手術でリハビリ中の柳田とはあいさつを交わした。「スイングしか見ていないけど、しっかり振れていた」。昨季までは楽天監督で「敵」として見ていた主砲に「日本の野球界を引っ張る選手。いるといないのとでは大きな違い。彼の場合は打つだけじゃなくて、足も守備も含めてなので。まずはしっかり治してほしいですね」と期待を込めた。

もう1人、気になる選手が上林だ。仙台育英(宮城)出身でもあり「持っている能力はすごく高い。なんで楽天が取らんかったんやろうと思っていた」と冗談交じりに高く評価。「去年は苦しんだと思うけど、今日はいい顔をしていました。まずは(昨季痛めた右手甲の)不安を取り除いてほしい」と気遣った。