オリックス田嶋ブルペンで40球「下半身から体を」

  • オリックス田嶋の球を受ける頓宮(撮影・渦原淳)

山岡、山本と「先発3本柱」に期待される左腕のオリックス田嶋大樹投手が、大阪・舞洲でブルペン投球を行った。

捕手の頓宮を立たせたまま40球。カーブやスライダーなどの感覚も確かめた。今オフのテーマは「下半身から体を作ること」。ランニングやスクワットで「きついな…と思ったところからまた頑張る。メンタル的にも強くなるかなと思って」と、限界を設定せずガムシャラに練習した。