オリックス中川、マル秘ノート武器に昨季超え目指す

プロ2年目を迎えるオリックス中川圭太内野手(23)が23日、大阪・舞洲の球団施設で自主トレを公開した。新人だった昨季は111試合に出場して、打率2割8分8厘、3本塁打、32打点、9盗塁と結果を残した。

2年目のジンクスについて問われると「あんまり意識はしないように。1年間を通して調子の波を少なくしたい。1年目と同じように積極的にアピールしていきたい」と気合を見せた。

昨年3月から打席での気づきを書いているマル秘・野球ノートが、中川の2年目を後押しする。「スコアラーさんにもらったデータも大切。プラスアルファで自分のノートも。打席に入らないとわからないこともあるので」。今季の目標は「昨年以上の成績を残すこと」とキャリアハイを誓った。