阪神高山「積極的に」青柳のブルペン投球で目視トレ

  • 鳴尾浜で練習を行う高山(撮影・清水貴仁)

阪神高山俊外野手が意欲的に目視トレを行った。鳴尾浜での自主トレで、ブルペンで青柳の球を受ける捕手の後ろでバットを構えた。「どれだけ練習してても(実戦で)投手の球を見ていきなり、というのはなかなか難しい。今のうちに積極的に見られるなら見ようと」。

五輪の影響で早まる開幕に伴い、前倒しになるキャンプ中の実戦対策。別の日に飯田や藤浪の投球も見学済みで「(2月)1日から100%でやるため」と先を見据えた。