オリックス、ロッテと引き分け 吉田正が9回同点打

  • オリックス対ロッテ 9回裏オリックス2死二塁、ジョーンズの右前打で本塁を狙った代走の太田はタッチアウト(撮影・前岡正明)
  • オリックス対ロッテ 4回表ロッテ2死、移籍初となる右越え本塁打を放つ福田秀(撮影・前岡正明)

<オリックス5-5ロッテ>◇4日◇京セラドーム大阪

ロッテは初回に4番安田の中前適時打で先制。2回にも藤岡、中村の適時打で3点を追加。オリックス山本は3回までに4失点。

ロッテは4回に福田秀の移籍後初アーチで1点追加。オリックス山本は6回8安打5失点でマウンドを降りた。

オリックスは7回に代打伏見の2点適時打などで3点を返した。9回にも吉田正の同点適時打が飛び出し、試合は延長戦へ。

ロッテは10回に2死二、三塁と勝ち越しの好機をつくるも無得点。その裏、オリックスも得点できず、試合は引き分けに終わった。