大相撲裏話

東京五輪ボクシング会場 国技館も全館禁煙徹底

力士が着替えなどをする東西の支度部屋に入ると、その先にドアがあり、細長い通路のような吹き抜けにつながっている。この吹き抜けではこれまで、力士が準備運動をするほか、たばこを吸うことができた。今場所から「館内は全館禁煙であり、この場所での喫煙も、厳禁とする。 理事長」との通達が貼られ、立ち入り禁止となった。

初場所から支度部屋の奥にある吹き抜けは立ち入り禁止となった
初場所から支度部屋の奥にある吹き抜けは立ち入り禁止となった

芝田山広報部長(元横綱大乃国)は「支度部屋の奥も、本来は吸うべきところじゃない。勝手にOKと思われていただけ。火気厳禁です」と指摘する。館内には屋外にいくつか喫煙所がある。両国国技館は東京オリンピック(五輪)のボクシング会場になったこともあり、今後はさらに制限していく可能性があるという。

日本相撲協会は2005年初場所から国技館内を全面禁煙にし、升席から灰皿を撤去。その後は順次、大阪、名古屋、九州の地方場所も同様にした。ルールが厳密に守られていなかった当時の支度部屋も、07年春場所から禁煙が徹底された。

力士の中には少数派だが、喫煙者もいる。準備の一環として一服する力士もいる。ある関取は「しょうがない。慣れるしかないですね」と話している。【佐々木一郎】(ニッカンスポーツ・コム/バトルコラム「大相撲裏話」)

取組を見るだけじゃ分からない、日刊スポーツの大相撲担当記者が土俵周辺から集めてきた「とっておきネタ」をお届けします。

おすすめ情報PR

相撲・格闘技ニュースランキング