日馬富士1分頭さげる「皆さまにお詫び」親方は涙

 大相撲で、平幕貴ノ岩(27=貴乃花)へ暴行を加え、負傷させた横綱日馬富士(33=伊勢ケ浜)が29日、福岡県太宰府市内の太宰府天満宮で引退会見を開き「国民の皆さまに心からお詫び申し上げます」と謝罪した。

 日馬富士は午後2時4分、伊勢ケ浜親方(元横綱旭富士)とそろって会見場に姿を現し、直立不動でフラッシュを浴び、伊勢ケ浜親方は涙ながらにあいさつした。

 伊勢ケ浜親方 本日、横綱日馬富士、引退届を提出いたしました。日馬富士が、今回の問題の責任を感じ、引退したいと言うことは本人から早くに言われていましたが、ファンの皆さんに相撲を楽しんでいただきたいと場所中の間は控えさせていただきました。私は日馬富士…横綱を16歳という少年の頃から見てきておりますが、稽古で相撲に精進したのみならず、いろいろな勉強もし、また難病救済など社会貢献も目が届く、本当に珍しいタイプのお相撲さんだと思っていました。およそ酒癖が悪いとか、乱暴するとか、そういったところは私自身、見たことも聞いたこともありませんでした。今回なぜ、このようなことになったのか…ただただ不思議というか、残念で仕方ない。横綱の権威を汚すようなことをした本人が一番悪い。他人様のせいにするわけにはいかない。本当に申し訳ありませんでしたと言うしかない。ただただ、これまで支えていただいたファンの皆さま、相撲協会の皆さまに、心からお礼とお詫びを申し上げたい。本当にすみませんでした。

 日馬富士 この度、貴ノ岩関にケガをさせたことに対し横綱として責任を感じ、本日をもって引退をさせていただきます。。国民の皆さま、相撲ファンの皆さま、相撲協会、後援会の皆さま、親方とおかみさんに大変迷惑をかけたことを、心からお詫びいたします。

 日馬富士は約1分間、頭をさげ続けた。

このニュースの写真

  • 日馬富士