貴景勝、負傷右膝は「2歩進んで1歩下がる感覚」

大相撲夏場所で右膝を負傷して途中休場し、名古屋場所(7月7日初日、ドルフィンズアリーナ)がかど番となる大関貴景勝(22=千賀ノ浦)が25日、名古屋市内の部屋で稽古を再開した。

2週間後に迫った大関2場所目に向けて出場意欲を示すものの、相撲を取る実践的な稽古の開始は未定。調整の遅れが懸念される中で「できるだけのことをやっていく」と前を向いた。

この日は四股や蹲踞(そんきょ)の姿勢を取るなどして汗を流し、全体の稽古終了後には負荷の少ないすり足も行った。「感触は悪くなかった。あと2週間は基礎が中心になるけど、実践をいつもよりできない分、基礎という面でパワーアップしていきたい」。右膝の状態は良化傾向にあるが、気圧の変化にも影響を受けるなど、抱く違和感も日ごとに変わるという。「毎日右肩上がりに良くなっていくことはないし、2歩進んで1歩下がるという感覚。膝以外のけがとはちょっと違う感覚もある。痛さ以外のうっとうしさもあるから、そことうまく付き合っていかないといけない」。2日後の27日から3日間、二所ノ関一門の連合稽古が行われるが「まだ分からないけど、今の状態なら(相撲を)取れない。幕内上位の力士がいる中で、そこに勝つ能力がないとしょうがない」と、相撲を取る実践的な稽古には慎重な姿勢を見せた。

朝稽古後は同じ名古屋市内のホテルで行われた力士会に出席後、ファンとの撮影会に参加。「名古屋場所頑張ってください」「名古屋に出ますか」など声を掛けられたという。「気にしていただけるのはありがたいこと。発奮材料にもなる」。出場を模索する22歳を、ファンの声援が後押しする。

その他の写真

  • 貴景勝が「自分を知り、極める」と書いた七夕の短冊(撮影・佐藤礼征)