鶴竜V一夜明け「すごくいい気分で目覚めた」

大相撲名古屋場所で6度目の優勝を飾った横綱鶴竜(33=井筒)が、千秋楽から一夜明けた22日、名古屋市のホテルで会見を行った。過去優勝がなかった名古屋で念願の賜杯を抱き「(朝は)すごくいい気分で目覚めた。応援してくれる人の顔を見ると力になる。そういう人が結果を聞いて喜んでいる顔を見るのが何より」と、万感の思いを明かした。

7場所ぶりの優勝を目指した今場所は、けがによる不安との戦いだった。場所前に腰に違和感を覚え、4、5日目まで「油断できない感じがあった」と吐露。場所前は1日2度、場所中は1日1度の治療を行い、痛み止めも服用。負担を掛けない素早い相撲も展開し、日に日に回復していったという。「少しずつ良くなった。相撲に集中して、腰に負担をかけないようにやった」。13日目には平幕の友風にまさかの金星を献上。気落ちしたが、引き締め直すきっかけにもなった。「あの1敗でいろんなものをはき出して、まっさらにして、もう1回集中した。とにかく引きずらないように、今まで12日間取ってきた相撲を取ろうとした」。残り2番は盤石の相撲で連勝。千秋楽では横綱白鵬を、巻き替えの応酬の末に破った。

横綱在位32場所となり、歴代10傑に入った。「休場も多いけどそれは一つの結果として、これからも鶴竜らしくやっていきたい」。33歳として最後の場所で優勝。まだまだ若手の壁になる。

会見を終えて、故郷モンゴルに帰国する予定。「場所前はもしかしたらモンゴルに行けないんじゃないか、計画がパーになるんじゃないかと思っていたので。3日しかないけど、子どもたちとゆっくりしたい」と、ホッと胸をなで下ろしていた。

その他の写真

  • 一夜明け会見で笑顔を見せる鶴竜(撮影・小沢裕)