貴源治と貴ノ富士バスケ代表観戦 八村塁の活躍期待

大相撲の双子関取、前頭貴源治と十両貴ノ富士(ともに22=千賀ノ浦)が22日、バスケットボール男子日本代表の国際試合・日本-アルゼンチン戦(さいたまスーパーアリーナ)を観戦に訪れた。

着物姿でゴール裏の観客席に腰を下ろし、バスケットボール選手並の高身長とまげ姿に周囲の観客から好奇の視線が注がれた。

相手のアルゼンチンは世界ランク5位の強豪国だけに、貴ノ富士は「今日勝つようなら(15年に)ラグビー日本代表が南アフリカに勝つような衝撃」と興奮気味に話した。

2人は中学時代、バスケットボール部に所属しており茨城県選抜に選出されたこともある腕前。NBAのドラフトでワシントン・ウィザーズから1巡目9位指名された、日本代表の八村塁(21=ゴンザガ大)と対戦した経験を持つ。

バスケ観戦は八村擁する宮城・明成高が3連覇を決めた15年のウインターカップ決勝戦以来。兄の貴ノ富士は「どんどん自分のいいところをアピールしてもらいたい」と期待を寄せ、弟の貴源治は「NBAに選ばれたことに満足せず、周りとの違いを見せつけてほしい」と話した。

その他の写真

  • 日本代表国際試合 日本対アルゼンチン 試合前、ウオーミングアップをする八村(後方)(撮影・狩俣裕三)