AKS、NGT運営を新設会社Floraに事業譲渡

NGT48をこれまで運営してきたAKS(現Vernalossom)は1日、新設会社「株式会社Flora(フローラ)」に事業譲渡したことを発表した。

今年1月に、同グループやAKB48、HKT48をAKSから独立させ、新会社を設立することが発表されていた。

新潟の肥沃(ひよく)で自然豊かな大地に支えられて成長するイメージをもとに、ローマ神話に登場する花と春と豊穣(ほうじょう)をつかさどる女神から命名されたという「フローラ」の代表取締役には、同グループで劇場副支配人を務めていた岡田剛氏が就任。事業譲渡とともにこれまでの支配人制度も見直し、昨年1月から劇場支配人を務めていた早川麻依子氏は先月末で退任したという。

岡田氏は「新潟県の皆様、応援してくださるファンの皆様のご期待に添えるように、精いっぱい活動して参ります。NGT48の活動を通して、新潟県の魅力をたくさん教えてもらいました。お米やお酒はもちろんですが、新鮮な魚や野菜や果物は何を食べても驚くほどおいしいですし、雪国ならではの自然の素晴らしさ、モノづくりに対する奥深さ、そして何よりもこれらを生み出している、新潟県の皆様の努力や温かさです。Floraはさまざまな活動を通して、新潟の魅力を世界に発信できるように精進する所存です」とコメントした。

同グループは18年12月、元メンバー山口真帆(24)への暴行容疑で男性ファン2人が逮捕され(のちに不起訴)、19年1月に明らかになって以降、広告契約の終了など、さまざまな騒動に発展。AKSがファン2人に対して損害賠償を求める裁判も係争中だが、和解に向けての話し合いが進んでいる。

新設会社には新規企業が資本参加するとみられ、18年10月以来、新曲の発売もなく、新会社設立とともに、本格的な出直しを図ることになりそうだ。

またAKB48は新設会社「株式会社DH」、HKT48は「株式会社Mercury(マーキュリー)」がそれぞれ今後の事業を行っていく。