nikkansport.com @ mobile

芸能

宝塚 ~ 朗らかに

最後の新人公演で主演「青春が終わる感じ」/暁千星

  • FacebookMessenger
  • TL

 新人公演「エリザベート-愛と死の輪舞(ロンド)-」は本公演でルドルフ役代わりの暁千星(あかつき・ちせい)が4度目の主演。新人公演は宝塚が9月11日、東京は11月8日。

最後の新人公演に主演する暁千星(撮影・村上久美子)
最後の新人公演に主演する暁千星(撮影・村上久美子)

 暁は新人学年ながら、すでに宝塚バウホールでもセンターに立ち、本公演でも主要キャストに入っている。

 「私にとっては最後の新人公演になるので、主演はすごくうれしかった。(新人最後に)青春が終わるっていう感じがします」

 新人公演主演は16年「NOBUNAGA」以来、2年2カ月ぶり4度目。「自分がどうトートになっていくのか、想像ができなくて。そこが課題」。元月組トップ瀬奈じゅん主演の「エリザベート」を機に宝塚ファンになった。瀬奈のトートに魅了された。

 「これはかっこいいなと思って、スケジュール帳の表紙とかに、トート写真を貼っていました」。後に映像で、歴代作を見た。「鏡を使い、舞台の奥まで(演出に)使っている。斬新で、ダイナミック」。舞台の使い方にも衝撃を受けた。

 「毎回、全然違うトートが作られている。その人の魅力が出る役なんだろうな、と。『死』なんですけど、恋心、嫉妬心があり、一番人間らしさがある」

 次世代スターは今回、自身の持ち味とは違うダークな役に臨む意味も考える。

 「なかなか自分にもらえるような役じゃない。新たな引き出しが増える。ここ最近、新人公演では、本公演で専科さんが演じる役など、(主演を)外から見る役をいただき、舞台全体を見られるようになった」

 バウ主演など経験を積み、舞台の怖さを知り、周囲への目配りも覚えた。

 「ずっとすごい下級生で、いつも上の方を追い掛けているイメージだったのに、もう(新人を)卒業」

 抜群の運動神経を生かしたダンスで、入団当初から注目された。芝居への取り組みも変わった。「役作りとか、よく分かんなかったんですが、役へのアプローチというものを知りました」。恥ずかしそうに笑う。

 本公演では、2年後輩の風間柚乃(かざま・ゆの)と、皇太子ルドルフを役代わりする。「下級生と役代わりする立場になったんだな」。感慨深げだ。「風間君は歌もお芝居も上手。勉強になる。私とはアプローチも全然違う」と評価。大いに刺激になるという。

 私生活では野菜中心の食生活を継続。塩を入れた半身浴で血流を良化させる。「今回、踊りが少ないので少し物足りない。汗をかいている時が一番気持ちいいのに」。爽やかに笑った。

 ☆暁千星(あかつき・ちせい)9月14日、広島県福山市生まれ。12年入団。新人公演は14年「明日への指針」で初主演し、15年「1789」、16年「NOBUNAGA」も主演。15年には、バウ・ワークショップで3年先輩の朝美絢とダブル主演、昨年12月にはバウ単独初主演も経験。身長172センチ。愛称「ARI」。

夢の舞台を創り続けて100年あまり。時代とともにスターを生み、話題作を手掛けてきた宝塚歌劇団。華やかなステージを作り続ける裏側で日々、厳しいけいこと競争の中で切磋琢磨を続けている夕カラジェンヌの横顔を伝えます。

  • FacebookMessenger
  • TL

おすすめ情報PR

芸能ニュースランキング

  1. セカオワDJ LOVEが風男塾の浦えりかと結婚 
  2. インリン“脱”M字開脚 長男から注意受けることも
  3. 元うたのお兄さん沢田憲一容疑者、覚醒剤使用で逮捕
  4. 内田裕也「啓子今までありがとう」妻希林さんに感謝
  5. 樹木希林さん火葬、最後は内田裕也も一緒に見送り