数原龍友「光栄でした」映画劇中歌で初のソロ曲披露

GENERATIONS数原龍友(26)が18日、千葉・幕張メッセで映画「HiGH&LOW THE WORST」(久保茂昭監督、10月4日公開)完成披露試写会&ライブイベントにサプライズ出演した。

同映画の劇中歌で、初のソロ曲でもある「Nostalgie」を披露した。数原は「この曲を歌わせていただいて、光栄でした。同じGENERATIONSの仲間の中務(裕太)と小森(隼)の2人が出演している映画で楽曲が使われてうれしい。良い映画になっていますので、何度も見てもらえたらうれしいです」と話した。

同イベントは、同映画とTHE RAMPAGEがコラボし、映画の試写会とライブと一度に楽しめるイベント。前日17日と2日間で3・2万人、この日は全国291館で行われたライブビューイングを含めると5万人を動員した。