峯岸みなみ“脱退”に「なにか感じた方がいいの?」

4月にAKB48を卒業する峯岸みなみ(27)が、欅坂46のセンター平手友梨奈(18)が、グループから「卒業」ではなく「脱退」すると発表したことに反応した。

峯岸は、平手がグループ脱退を発表した23日、ツイッターを更新。「脱退と卒業、表現の差になにか感じた方がいいの...?」とつづった。

平手は15年8月に欅坂46の1期生オーディションに合格。翌16年4月のデビューシングル「サイレントマジョリティー」のセンターに抜てきされ、話題となった。発売された8枚のシングル全てでセンターを務めていた。平手本人の意思を尊重して「卒業」ではなく「脱退」という言葉を使う形になったという。今後はソロで活動するとみられるが、詳細は未定。