「笑顔見たくて」72歳やんじー支援続けて42年

  • FacebookMessenger
  • TL

最大震度7を記録した北海道胆振地方のむかわ町で、地震発生の6日から炊き出しを続けるボランティアがいる。北海道清水町の「やんじー」こと、山口幸雄さん(72)。災害支援を続けて42年になる。雲仙・普賢岳噴火、阪神・淡路大震災、東日本大震災、最近では熊本地震…。西日本豪雨も含め、これまで炊き出しを行った各地の被災者から届いた食材や支援金が、山口さんを通じて北海道地震の被災者の体を温めている。むかわ町では陸上自衛隊と協力しながら、700食を振る舞った。

このニュースの写真

  • 北海道むかわ町の避難所で炊き出しに並ぶ被災者ら(共同)
前へ 1 2 次へ
  • FacebookMessenger
  • TL