伊集院静氏は断筆の可能性も、妻の篠ひろ子が示唆

直木賞作家の伊集院静氏(69)が21日、くも膜下出血で倒れ、翌22日に手術を受けたことが23日、分かった。同日、所属事務所が発表した。手術は成功し、経過は良好だが予断は許さない状況だという。

伊集院氏が92年に再婚した、女優篠ひろ子(71)が23日、直筆のコメントを発表。「道半ばで書くことを断念せざるを得ないとしたら、こんなに悲しい事はありません。願いが叶うのであれば又ペンを持って皆様に作品をお届けできる事が私の心からの思いです」と、伊集院氏が執筆を断念する可能性がある状態であることを明らかにした。

寒くなって参りましたが皆様お元気でお過ごしでしょうか。突然ではございますが、夫の伊集院静が一月二十一日の夜、くも膜下出血で倒れ翌日二十二日に手術を致しました。手術は成功し経過は良好ですが、この先どのような状態になるのか、まだ予断は許さない状況です。

週刊誌、新聞など連載を多く抱えている立場におりますが道半ばで書く事を断念せざるを得ないとしたら、こんなに悲しい事はありません。

願いが叶うのであれば又、ペンを持って皆様に作品をお届け出来る事が私の心からの思いです。

いままでのように穏やかな執筆生活を取り戻せる日まで精一杯頑張って参りますので、どうかそれまでは静かに見守って頂けますよう心よりお願い申し上げます。

      西山博子

(原文のまま)