八村塁、東京五輪出場に意欲「夢であり大きな目標」

NBAウィザーズの八村塁(22)が3日(日本時間4日)、オンラインでの日米合同インタビューに応じ、来年に延期された東京オリンピック(五輪)について「僕にとって夢であり、大きな目標。(NBAを含めた)日程がどうなるか分からないが、チャンスはあると思うし、日本代表チームとして準備していかないと」と、出場に向けてあらためて意欲を示した。

NBAは30日(日本時間31日)にシーズン再開予定。東カンファレンス9位のウィザーズはプレーオフに出場可能な8位以内を目指し、31日(同8月1日)から8試合を戦う。八村は、「プレーオフに行けるチャンスはある。ルーキーシーズンをしっかり終わらせて、次のステージに行きたい」と抱負を述べた。

3月からの中断中は、ウエートトレーニングにも重点的に取り組んだ。「体を鍛える時期は欲しいと思っていた。時間を無駄にせずに使えた」と納得の表情。「体重も増えて、体も大きくなったと言われる。中断前より10ポンド(約4・5キロ)ぐらい増えた」と明かした。