山下会長「命に関わる」JOCもテレワークで業務へ

日本オリンピック委員会(JOC)の山下泰裕会長(62)は6日、政府による緊急事態宣言に備えて、福井専務理事らと対策を協議した。

山下会長は「宣言が出たら基本的にはJOC(の事務所)はほぼクローズになります」と説明した。山下会長もテレビ電話などを使ってテレワークを行う。オリンピック(五輪)延期に伴ってやることは山積みではあるが「選手、関係者に被害が及ばないことが大事。命の危険に関わるので」と口にした。