三宅玲奈、姉愛梨の心配を力にして低迷脱出/平塚

<平塚競輪:ガールズケイリン>◇F2◇2日目◇21日

低迷していた三宅玲奈(23=岡山)にようやくトンネルの出口が見えてきた。予2・6Rは、荒牧聖未のまくりをピタリと追走。4角で3車並走の真ん中になったが、必死に2着をキープした。

「荒牧さんがジワジワ踏み上げたので追走はしやすかった。でも、付いていけたのは気持ちですね」。

練習も競走も身が入らなかったが、低迷の原因は気持ちの問題だった。

「本人から直接じゃなく、周囲から姉(愛梨)が心配しているよと聞かされた。それでスイッチが入ったかもしれません。最近はまた姉とも一緒に練習もするようになりました」。

姉妹愛に救われ、今期2度目の決勝進出。好位を確保し、競走得点アップを目指す。