土屋南、準優10R「何するか一晩考える」/常滑

<常滑ボート:ヴィーナスシリーズ>◇4日目◇28日

土屋南(23=岡山)が、本体整備を繰り返して底上げを図る。

前半6R、危なげなく逃げ切って準優進出を決めた。ピストンリング1本を交換した5枠の後半12Rは4着だったが、上積みはあった。「後半の方が良くなっていると思う」と冷静に分析。準優10Rは4枠で「伸びはつかないと思うが、何をするか一晩考えたい」と優出へ闘志満々だ。