久保建英がMVP、スペイン紙「存在が際立った」

マジョルカ日本代表MF久保建英(18)は7日、アウェーで行われた1部リーグ第16節バルセロナ戦で5試合連続のスタメン出場を果たし、少年時代に憧れたカンプ・ノウのピッチで初めて古巣と対戦した。

しかしチームは史上最多6度目となるバロンドールを獲得したばかりのメッシのハットトリックもあり、2-5の完敗を喫し、開幕からアウェーゲーム7連敗となった。そんな状況の中、フル出場した久保について、スペイン各紙の評価は高かった。

スペイン紙マルカは試合翌日の紙面で久保にチームトップの2点(最高3点)をつけた。それ以外に2点が与えられたのは数々のファインセーブを披露したGKマノーロ・レイナと、2得点を記録したFWブディミールの2選手のみである。

この中で久保をチームMVPに挙げ、「良いパフォーマンスを見せた。カンプ・ノウでブーイグを浴びていた」と高く評価した。

また「マジョルカではクボの存在が際立っていた。ラ・マシア(バルセロナの下部組織)で形成された日本人選手は今夏レアル・マドリードに移籍し、今はマジョルカに期限付き移籍している。彼のカンプ・ノウ初戦は、ボールに触るたびにブーイングを浴びたことだけでなく、さまざまな理由により記憶されることだろう。チームで最も素晴らしい選手だったが、この日のマジョルカはアウェーで勝ち点を獲得できないことが続いており、とても悪い感じだった」とも伝えている。

一方、スペイン紙アスの久保の評価は1点(最高3点)だった。チームトップはブディミールで3点、続いてマノーロ・レイナが2点。出場時間が短く評価のなかったアブドン以外の選手たちは全員、久保と同じ1点だった。

マジョルカの地元紙ディアリオ・デ・マジョルカ(電子版)は久保について「最初のボールに触ってからずっと、カンプ・ノウのサポーターのブーイングを聞かざるを得なかった。彼らはレアル・マドリードと契約するためにバルセロナを去ったことを許さなかった。それにもかかわらずクボは最も明確なアイデアを持ってプレーし、いいパスを送っていた」と伝えた。(高橋智行通信員)