体操宮川紗江「恐怖」協会からのパワハラ告白の理由

  • FacebookMessenger
  • TL

体操リオデジャネイロ・オリンピック(五輪)女子代表の宮川紗江選手(18)が29日、都内で会見し、日本体操協会に強い不信感を示した。指導を受ける速見佑斗コーチ(34)が、宮川選手への暴力行為で協会から無期限登録抹消などの処分を受けたが、「処分の重さは納得できない」と軽減を要望。引き続き同コーチの指導で東京オリンピックを目指すことを望むとともに、日本協会幹部からパワハラを受けたことを明かした。

このニュースの写真

  • 体操宮川選手のコーチ暴力問題経過
前へ 1 2 次へ
  • FacebookMessenger
  • TL