ザギトワ「全てを手にした」活動停止宣言も涙なし

フィギュアスケート女子で18年ピョンチャンオリンピック(平昌五輪)金メダルのアリーナ・ザギトワ(17=ロシア)が13日、同国の政府系テレビ「第1チャンネル」の番組で、選手としての活動を停止すると表明した。

今後も練習は続け、アイスショーには出るが「私は既に勝利した。人生の全てを手にしている」と発言。事実上の引退宣言と受け取られている。日本でも愛される女王が、シニア3年目で大きな決断を下した。

   ◇   ◇   ◇

わずか9カ月前に世界女王をつかんだザギトワの決断が、世界中を驚かせた。今月のロシア選手権に出場せず、新たな自分探しに取り組む。現在は大学入学に向けて勉強を始めているとし「スポーツ大学に進学し、コーチを目指すことになる」と青写真を描いた。

今年3月、さいたま市で行われた世界選手権で初優勝。平昌五輪金メダルから1年が経過しても、世界トップの実力を証明した。だが、今季は同じトゥトベリゼ・コーチから指導を受けるコストルナヤ、トルソワ、シェルバコワがシニアに転向。今月のグランプリ(GP)ファイナルでは3人に表彰台独占を許し、自らは最下位の6位に沈んだ。「ロシアのスケート界は若年化が進んでいる」。ザギトワもまだシニア3年目だが、急速に世代交代が進む自国の環境も、大きな決断を下す一因になった。

五輪では高難度のルッツ-ループの連続3回転ジャンプを武器とし、フリーでは基礎点が1・1倍となる演技後半に全てのジャンプを組み込んだ。だが、翌シーズンから国際スケート連盟(ISU)のルール改正により、1・1倍の対象は演技後半のうち最後の3本のみに限定。トリプルアクセル(3回転半)や4回転を実戦に組み込んでいないザギトワにとって、高難度のジャンプを武器とする後輩との戦いで厳しい立場になった。今年11月のGPフランス杯では「ルールによって(演技後半のジャンプ多用が)禁止されてしまって。今でもやりたいんですけれど、もう何と言って良いかわからないです。『4回転を跳べる女の子たちはとってもすごいな』と思います」。複雑そうな表情で、素直な思いを口にした。

この日、一線から退くことを宣言した女王に涙はなかった。「私は五輪や世界選手権で勝った。人生における全てのものを手にした」。秋田犬保存会から贈呈された「マサル」と共に、日本でも愛されるスケーターが分岐点に立った。

◆アリーナ・ザギトワ 2002年5月18日、ロシア・イジェフスク出身。モスクワでトゥトベリーゼ・コーチの指導を受ける。17年世界ジュニア選手権優勝。17-18年にシニアデビューするとGP中国杯、フランス杯、ファイナルで優勝。18年平昌五輪は団体銀メダル、女子シングル金メダル。身長160センチ。