nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 

ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
 nikkansports.com > 社会TOP > ニュース
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル
 

大阪市が宝石バッジ贈呈止めます

 大阪市は1日までに、在籍10年以上の市議に永年勤続の記念として5年ごとに贈っている宝石付きのバッジを06年度から廃止することを決めた。

 宝石バッジには市民団体から「議員厚遇」との批判が上がっていた。市秘書課は「市民からみて理解が得られるかどうかという視点で(廃止を)判断した」としている。

 市によると、宝石バッジは10、15年目がトパーズ、20年目がルビーなどと続き、1個平均約2万5000円相当。銀杯や花瓶など3万円相当の記念品や表彰状と一緒に贈呈している。05年度は14人に贈った。

 宝石バッジは全廃するが「市政に協力してもらっているので、表彰そのものはあってもいい」(秘書課)として、10年と20年の2回に改め、記念品の贈呈を継続する。

[2006/2/1/20:38]


【関連情報】
阿曽山大噴火の「裁判Showに行こう」

 最新ニュース 記事バックナンバー 
  • 祖父殺害事件で長男に続き孫も逮捕 [01日22:56]
  • 西鉄バス事件の加害少年が少年院退院 [01日22:55]
  • 家出して長男置き去りの母親を逮捕 [01日19:57]
  • 電子マネー詐取で少年を逮捕 [01日19:55]
  • 防衛施設庁を防衛庁に統合へ [01日19:52]
  • 武田薬品が北米で新便秘薬発売 [01日19:50]
  • ライブドア事件で新興市場2兆円吹き飛ぶ [01日19:48]
  • 戦死米兵の母、横断幕掲げまた逮捕 [01日16:01]
  • MSも中国に配慮、ブログを「検閲」 [01日16:00]
  • 金大中前大統領が4月訪朝で準備 [01日15:58]
  • 京都で80歳母と50歳の息子が無理心中か [01日15:49]
  • 無資格医業で3000人治療の鍼灸師逮捕 [01日14:44]
  • 安田弁護士控訴審で検察が反論 [01日14:42]
  • 準強姦の大阪市職員を懲戒免職 [01日14:37]
  • 鹿児島・大崎事件の再審認めず [01日14:35]
  • 「カラオケは7時まで」大阪府が条例 [01日12:46]
  • 帰島から1年再生誓う、三宅島で式典 [01日12:35]
  • 運輸多目的衛星と天文衛星打ち上げ延期 [01日12:18]
  • 殺人捜査で初の通信傍受、昨年三重県警 [01日12:13]
  • 通天閣で一足早い豆まき [01日11:41]
  • 「ど根性大根」今度は世界遺産で発見 [01日08:51]
  • マンション住民がヒューザー破産申し立て [01日08:01]
  • ライブドア、わいせつブログ野放し状態 [01日07:47]

  •  ブログ&コラム  
  • 【記者コラム】明快な表現こそ慎重に [01日12:33]


  • 前のページへ戻る このページの先頭へ
    日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
      nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
      すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
      (C)2006,Nikkan Sports News.