速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
社会タイトル

  この病気にこの名医
 

【第138回】

4泊5日程度のTURP

この病気にこの名医

前立腺肥大症の手術療法

 排尿障害を伴う前立腺肥大症には「経過観察」「薬物療法」「手術療法」といった治療がある。最終段階が手術療法で、標準治療となっているのが「経尿道的前立腺切除術(TURP)」。

 その効果について、新宿石川病院(新宿区西新宿)泌尿器科の三木誠顧問(70)は次のようにいう。

 「現時点で最も効果のある手術療法がTURPです。ただ、出血があるので、ごくわずかのケースで輸血を必要とすることがあります」。

 このTURPは直径8ミリの内視鏡を尿道に挿入し、肥大した前立腺の内部組織を先端の電気メスを使って削り取る。当然、麻酔下で行われるが、この場合は下半身麻酔である。

 開腹しないので術後の痛みは少なく。回復が格段に早い。施設によっては1泊2日の治療を行うところもあるが、基本は4泊5日程度となる。尿を出す尿道留置カテーテルは数日間挿入されたままである。

 「欠点は手術が難しいという点です。だから、この治療を受ける場合は標準治療だから安心と思わず、技量のある医師の手術を受けるべきです」。

 このほかにホルミウムレーザーを使った「前立腺核出術(HOLEP)」と「前立腺蒸散術(HOLAP)」がある。まだまだ受けられる医療機関は少ない。

 そして、同じレーザーでも最も新しいのが高出力のKTP(チタン酸リン酸カリウム)レーザーを使った「光選択的前立腺レーザー蒸散術(PVP)」。

 「ホルミウムレーザーは治療にTURP以上の時間がかかります。ところがPVPは高出力レーザーであっという間に組織を蒸散させてしまうので、治療は短時間で出血もありません。ただ、すぐに蒸散してしまうので焼きすぎが起きるかもしれません。技量が問題となります」。

 現在、厚労省の認可はおりていない。TURPに代わると期待されているが、それは数年先と思われる。

 ▼PVPを行っている施設 厚労省の認可はおりていないが、米国でPVPの講習を受けてきた2人の医師が三重大学医学部付属病院と、その関連病院でPVPを行っている。

【ジャーナリスト 松井宏夫】

◆前立腺肥大症の名医◆

 ▽奈良県立医科大学付属病院(奈良県橿原市)泌尿器科・平尾佳彦教授
 ▽岡山大学医学部歯学部付属病院(岡山市鹿田町)泌尿器科・公文裕巳教授
 ▽あらき腎泌尿器科クリニック(岡山県倉敷市)荒木徹院長
 ▽原三信病院(福岡市博多区)泌尿器科・山口秋人副院長
 ▽中津第一病院(大分県中津市)泌尿器科・溝口裕昭副院長
前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ