速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ

click here!
社会TOP
健康連載
おくやみ
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り
ページトップへ
社会タイトル

  おくやみ
 

「小森のおばちゃま」小森和子さん天国へ

小森和子さん

 「小森のおばちゃま」の愛称で親しまれた映画評論家の小森和子さんが05年1月8日午前1時42分、呼吸不全のため、東京都港区麻布台3の3の9の601の自宅で死去した。95歳。テレビ出演を通して、故淀川長治さん(享年89)と並ぶ大衆的な評論家として活躍した。48歳で離婚して以来1人暮らしだったが、最近は認知症を患い、寝たきりだった。葬儀は近親者で済ませた。喪主は養女晴子(はるこ)さん(58)。

 小森さんは、眠るように息を引き取ったという。ヘルパー、友人と最期をみとった晴子さんによると、たんを吸引している際に容体が急変し、人工呼吸なども行ったが亡くなった。数年前から寝たきりになり、晩年話せなくなる前には、アラン・ドロンの話をよくしていた。たまに由紀さおりの歌や「瀬戸の花嫁」を口ずさむこともあったという。

 生前「何もしないで、お花だけで送って」と話していたことから、密葬では白、黄、ピンクの花が用意された。棺(ひつぎ)には、好きだった犬の写真、愛用のスパッツ、訃報を聞いた米俳優ジョージ・チャキリス(70)からのファクスが入れられた。

 放送局に勤務する夫と48歳で離婚。以来、1人暮らしを続けた。最近は介護を受けながら、月に2度の定期検診も受けていた。20年以上経営し、映画関係者の社交場でもあった東京・六本木のスナックも売り払っていた。

 95年3月に自宅で顔、腕にやけどを負って以来、一線から退いていた。公に姿をみせたのは、98年11月、都内で行われた淀川さんの葬儀・告別式が最後。車いすで、淀川さんの棺を見守っていた。

 「小森のおばちゃま」の愛称で親しまれた。商社勤務などを経て映画関係の原稿の翻訳をしていたが「映画の友」編集長だった淀川さんの勧めで、映画評論を始めた。40歳だった。

 テレビやラジオの外国映画の解説で「おばちゃまはね…」と語りかける口調が人気を集めた。レギュラー番組の次回の映画紹介で飛び出す「(来週は)モア・ベターよ」というセリフは、流行語にもなった。

小森和子さん

 600人を超す米国スターと交流を持った。映画評論を始めて8年目、米女優シャーリー・マクレーンの自宅に居候したことがきっかけで、フランク・シナトラらトップスターと親密になった。ジェームズ・ディーンの熱烈なファンで知られたが、彼には1度も会ったことはなかった。

 タレントとして奔放な発言も人気だった。テレビや雑誌の人生相談では、セックスに関するユーモラスで大胆な発言が話題になった。82歳の時、自分の性体験を赤裸々につづった告白本も出版した。

 永遠の映画少女が逝った。

写真=車いすで淀川長治さんの通夜に出席する小森和子さん=98年11月12日


◆小森和子(こもり・かずこ)
 1909年(明治42年)11月11日、東京都生まれ。東京府立第三高女(現駒場高)卒。卒業後に家出。32歳でサラリーマンと結婚。夫のゴルフ代稼ぎのため、映画関係記事の翻訳を始めた。40歳の時、当時「映画の友」の編集長だった故淀川長治さんのすすめで評論を書き始める。著書も多数。交流のあった映画スター、監督は600人に上る。48歳で離婚後、独身を貫いた。


鶴太郎「私の恩人」、関係者悲しみの声

片岡鶴太郎

 小森さんのモノマネで知られるタレント片岡鶴太郎 私の恩人。お茶の間に出るきっかけをつくってもらいました。「鶴ちゃんのものまねは好きよ」と怒らずに楽しんでくださった。おばあちゃん、おばちゃまではなく、お嬢ちゃま。チャーミングでした。(マネは)ご存命だったからできたこと。数々の失礼だったと身にしみています。(今後は)やりがいもないから難しいですね…。

 映画評論家の水野晴郎さん 50年の付き合いになります。映画の楽しみ方をやさしく分かりやすく、教えていただきました。一方で開けっぴろげな方でもありました。病に倒れてから何度もお見舞いに行きました。僕だと認識はできたけど、全然話せない状態でした。でも「ローマの休日」など好きな映画は、ずっと画面をながめてご覧になっていたようです。

 映画字幕翻訳家の戸田奈津子さん 分からない英語の意味を率直に聞いてこられるなど、常に前向きでどん欲な人でした。人懐こくて、誰からも好かれました。とにかく映画を愛していたという点では、淀川さんと小森さんの右に出る人はいないのでは。残念です。

写真=目にうっすら涙を浮かべ、会見した片岡鶴太郎


悼む

小森和子さん(右)

 晩年、試写室の最前列でトレードマークのタマネギ頭がしばしば舟をこいだ。外国スターの来日会見では、いの一番に手を挙げたが「前置き」が長かった。スターと自分の交遊歴を延々と披露し、質問は最後の一言だけということが多かった。だが、憎めない人だった。独特の話術にほほ笑まずにはいられなかった。

 14年前、81歳だった小森さんは「最近の一番のお気に入りは『プリティ・ウーマン』よ。ジュリア・ロバーツになりきっちゃうの。(恋人役の)リチャード・ギアの顔がアップで彼女の顔に近付いたりすると、おばちゃまも唇を開いて受け入れ態勢をとっちゃうわけ」と真顔で語ってくれた。

 試写室の雑談でシナトラとの秘話を聞いたこともある。米パームスプリングスの別荘に招かれた小森さんは酔ったシナトラに抱きかかえられ、ベッドルームに。「彼が目をそむけたスキを突いて逃げ出したの」。半世紀ほど前、シナトラ43歳、小森さんは49歳だった。一番最近のゴシップは77歳の時、相手は44歳下のミュージカル俳優麻田マモル。1度も会ったことはなかったが終生彼女のアイドルだった、ジェームズ・ディーンにどこか似ていた。

 麻布台のマンションに独り住まいが長かった。1人ですごすときは1日1回、夜中につくる野菜いためが唯一の食事だった。一緒にいためるベーコンを愛犬ココちゃん(マルチーズ)に食べさせ、自分は野菜だけ。「おばちゃま、それが好きだから」。そんな話をしても、ちっとも寂しい感じがしない不思議な人だった。【元映画担当・相原斎】

写真=フランク・シナトラと旧交を温める小森和子さん=62年4月

前のページへ戻る このページの先頭へ
ニッカン倶楽部広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ