nikkansports.comホームへ

すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ すべてのナビゲーションを飛ばす。コンテンツへ
共通ナビゲーションここから 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ 共通ナビゲーションを飛ばす。サイト内検索へ
記事一覧   スコア速報   スポーツカレンダー  最新ニュースをRSSで公開しています
サイト内検索ここから サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ サイト内検索を飛ばす。ジャンルナビゲーションへ
サイト内検索 
Powered by Google 
click here!
ジャンルナビゲーションここから ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ ジャンルナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ
nikkansports.com・ホームへ ジャンルナビゲーション
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ ライフページへ
ページメニューここから ページメニューを飛ばす。コンテンツへ ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
新聞購読の申し込みはこちら

click here!
社会TOP
おくやみ
おすすめコンテンツ
  ブログ&コラム
  TV全国番組表
  コンピ指数
  ショッピング
  サッカーメルマガ
  プレゼント
  占い−0学占星術
  映像配信


地域情報
  北海道
  東北6県
  静岡
  なにわWEB
  九州

コンテンツここから このページの先頭へ戻るこのページの先頭へ戻る
社会タイトル

  おくやみ
 

卓球の元世界王者長谷川さん事故死

長谷川さん

 卓球の元世界チャンピオンの長谷川信彦さんが05年11月7日、群馬県桐生市の自宅近くの山林で木を伐採中、倒木の下敷きになり死亡した。58歳だった。関係者によると、長谷川さんはこの日午前8時半ごろから、山林内のランニングコースを1人で整備していた。妻純子さん(56)が午前10時すぎ、長谷川さんが木の下で倒れているのを見つけ119番。同市内の病院に搬送されたが、胸を強く打っており間もなく死亡した。死因は窒息死だった。

 長谷川さんは全日本選手権では男子シングルスで6度、ダブルスで4度優勝。67年の世界選手権ストックホルム大会の男子シングルス覇者で、01年には日本の選手では5人目の卓球世界殿堂入りを果たしている。74年のテヘラン・アジア大会では日本選手団の主将も務めた。


◆長谷川信彦(はせがわ・のぶひこ)
 1947年(昭和22年)3月5日、愛知県生まれ。60〜70年代の世界トップ選手で、世界選手権では金5(シングルス1、ダブルス2、団体2)銀2、銅3の合計10個のメダルを獲得した。アジアの大会での金メダルは20個にも達する。全日本選手権でも10回(シングルス6、ダブルス4)の優勝を誇り、愛知工大時代(65年度大会)には18歳9カ月という男子シングルス最年少優勝を記録している。
前のページへ戻る このページの先頭へ
日刊スポーツから | 広告ガイド | 会社案内 | 採用情報 | このサイトについて | お問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。