速報記事一覧へ スコア速報一覧へ スポーツカレンダーへ

nikkansports.com・ホームへ
click here!
共通ナビゲーションを飛ばす。ページメニューへ MLB | PDF号外 | プレゼント | 占い | 映像 | 新聞購読
0
googleの検索機能
nikkansports.com・ホームへ
  nikkansports.com > スポーツTOP > ゴルフ > 内藤雄士の「世界最新スイング」
ページメニューを飛ばす。コンテンツへ
TV全国番組表

click here!
ゴルフ
大会日程&結果
選手名鑑
国内男子ゴルフ
国内女子ゴルフ
内藤雄士レッスン
ゴルフ体験隊
新製品情報
ニッカン・イベント
メーンメニュー
・ 野球 ・ サッカー
・ スポーツ ・ バトル
・ 競馬 ・ 芸能
・ 社会 ・ 釣り

地域情報
・ 北海道
・ 東北6県
・ 静岡
・ なにわWEB
・ 九州
ページトップへ
内藤雄士の「世界最新スイング」
2005/02/17 過去のコラム一覧を見る

左右均等の振り幅、リズムは常に一定

― パットその3 ―

(左)パットライン、方向を確認して、転がるスピードをイメージしながら素振りをする(右)イメージが消えないうちにストロークに入る(撮影・神戸崇利) (左)パットライン、方向を確認して、転がるスピードをイメージしながら素振りをする(右)イメージが消えないうちにストロークに入る(撮影・神戸崇利)

 パット上達のポイントは、正しいストロークに加え、的確に距離感をつかむことです。せっかくショットが良くても、ロングパットでファーストパットを大きくショートしたり、オーバーすれば3パットの可能性は高くなり、スコアは伸びません。では、どうすれば距離感をつかめるのか? テーマは「イメージ+リズム」です。

 ストロークは問題ないのに、距離感がつかめない。10メートルのパットを5メートルもショートしたり、オーバーしたりする。「せっかく、パーオンしたのに、また3パットでボギーかよ…」。誰もがこんな思いをしているはずです。

 原因はリズムです。リズムが狂うと、距離感はコントロールできません。例えばバックスイングして「このままじゃ大きい」と意識して、インパクト前にストロークのスピードを緩める。結果、フォロースルーが小さくなって大きくショート。これこそ最悪です。

 このようにインパクトの強弱では、距離感はつかめません。正解は左右均等の振り幅でコントロール。言い換えれば、ストロークのリズムは、パットの距離に関係なく、常に一定に保つということです。2メートルと10メートルのパットでは、その振り幅は4倍〜5倍も違いますが、ストロークに要する時間を変えてはいけません。そう、1(アドレスが決まった瞬間)、2(バックスイング)、3(インパクトとフォロー)のリズムでストロークです。

 距離感をつかむには、イメージづくりも大きなポイントです。そのためにショットと同じようにプレールーティンを必ず行うことです。

 (1)ボールの後方から、パットラインをイメージする。(2)グリップを完成する。(3)パットライン、方向を確認しながら、転がるスピードをイメージしながら、それに応じた振り幅の素振りをしてみる。(4)イメージができたら、ボールに向かってアドレスに入る。(5)パットラインに対して、パターヘッドを直角にセット。あらためてグリップを完成させ、スタンスを広げたら、イメージが消えないうちにストロークに入る。

 もう1つ。距離感をコントロールするのは、何よりそのグリーンの速さを知ることです。そのためにラウンド前は、必ず練習グリーンでパット練習をしましょう。ショット重視で、練習レンジからスタートのティーグラウンドに直行する人もいますが、本当に良いスコアを出したいのなら、パット練習を優先すべきです。特にスタートまでの時間がない場合、ショットのためにはストレッチ、素振りだけにして、練習グリーンに向かいましょう。なぜならショットは自分の調子いかんですが、パットについてはグリーンのコンディションという別の要素が加わるわけですから。

 練習グリーンでタッチが合って、ストロークも安定してきたら、自信を持ってラウンドに臨みましょう。ロングパットでも焦らず、「イメージ+リズム」で2パットのパーセーブ。あとは感性をフルに使って、素晴らしいラウンドを実現させてください。


◆ ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

メールを送る ※ゴルフ企画、コラムに対するご意見、ご感想をお寄せください。
   lovegolf@nikkansports.co.jp

内藤雄士(ないとう・ゆうじ)
 1969年(昭和44年)9月18日、東京生まれ。日大ゴルフ部では丸山茂樹らと同期。米国にゴルフ留学し、サンディエゴアカデミーなどで最新のスイング理論を学んだ。98年から日本ツアーでプロコーチでの活動をスタート。01年に丸山と契約し、日本人で初めて米ツアー(USPGA)プロコーチとして、マスターズ、全米オープン、全米プロのメジャー大会に参加した。(株)ラーニングゴルフクラブ(杉並区高井戸)の代表取締役で、2月から新宿駅ビル「マイシティー」屋上で開校した「クラブ23ゴルフスクール」を丸山と主宰している。

前のページへ戻る このページの先頭へ
広告ガイド会社案内このサイトについて問い合わせ
  nikkansports.comに掲載の記事・写真・カット等の転載を禁じます。
  すべての著作権は日刊スポーツ新聞社に帰属します。
  
野球ページへ サッカーページへ スポーツページへ バトルページへ 競馬ページへ 芸能ページへ 社会ページへ 釣りページへ