コンテンツエリア



メインコンテンツ

寬仁親王牌

豪華メンバーが集結し10.21開幕!

G1第30回寬仁親王牌・世界選手権記念トーナメントが21~24日の4日間、6年ぶりに弥彦競輪場で開催される。脇本雄太の欠場で優勝争いは混沌(こんとん)。ラインの厚みで郡司浩平(31=神奈川)が1歩リードする。グランドスラムを狙う新田祐大(35=福島)もモチベーションは高い。地元勢は諸橋愛(44=新潟)は悲願のG1制覇に挑む。

前後盤石な郡司 地元勢の諸橋は悲願達成なるか

郡司浩平が今年2度目のG1優勝を決める。豪華メンバーだった地元平塚G3を4日間自力で戦い抜いて優勝。今開催は深谷知広を目標にできる。後ろを固める昨年のKEIRINグランプリ(GP)覇者の和田健太郎も、落車禍をようやく脱した。前後盤石な郡司が有利に運べそうだ。

注目は新田祐大だろう。6個あるG1のうち、残すは今大会のみ。暮れのGP出場権を手に入れるためにも、ここは勝ちに徹して偉業を打ち立てる。

オールスターでG1初制覇を飾った古性優作は、ブランク明けの平塚G3では1走ごとに動きが良くなった。近畿のエースとして、G1連覇で近畿の新時代を築く。

世代交代をアピールするのが山口拳矢だ。地元岐阜でG2共同通信社杯を単騎で制し、ビッグ最速優勝記録を更新。「まだ(G1の)決勝に行けていない。まずは決勝」と控えめだが、今の勢いならG1制覇も夢ではない。

地元からは悲願のG1奪取に燃える諸橋愛と鈴木庸之が参戦する。そして新潟が故郷の平原康多にとっても〝地元G1〟になる。特に諸橋は、今大会に全精力を傾けてきた。弥彦は17~19年にG3・3連覇も飾った舞台。自分の庭で、地元ファンの前で歓喜のVゴールを狙う

松浦悠士と清水裕友の中国ゴールデンコンビは、清水が復調。落車明けとなる松浦を振り切れれば、G1Vが見えてくる。

秋風吹く弥彦バンクで、熱戦が展開されることは間違いない。



フィーチャー

ボート競輪オートコンテンツ

ミッドナイト競輪

ミッドナイト競輪・無料PDF新聞

ミッドナイト競輪の全開催で無料予想紙ニッカンPDF新聞を配信。

戸田ボート直前予想

戸田AI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想も公開。

浜名湖ボート直前予想

浜名湖・直前レース予想

日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前レース予想を公開。

浜名湖・ニッカンPDF新聞.jpg

浜名湖・ニッカンPDF新聞

無料予想紙ニッカンPDF新聞を前日夜に公開。

びわこボート直前予想

びわこ直前レース予想

AIと日刊スポーツ担当記者がスタート展示終了後に直前予想を公開。

徳山ボート直前予想

徳山AI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想も公開。

若松ボート直前予想

若松AI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想も公開。

芦屋ボート直前予想

芦屋AI予想&直前レース予想

業界初のAI予想!スタート展示終了後には担当記者の直前予想も公開。

福岡ボートAI予想

福岡ニッカンAI予想

日刊スポーツAI予想を毎日午前6時に全レース一斉公開。

日刊スポーツ競輪部

公式YouTube日刊スポーツ競輪部

ニッカン担当記者&評論家らによる多彩な動画コンテンツを随時公開。

ヤマコウの時は来た

日刊スポーツ評論家・山口幸二コラム

おなじみヤマコウが主要開催で注目の選手&レースを鋭く分析します。

敢闘門の向こう側

担当記者が伝える競輪日記

紙面で紹介できなかった、ちょっといい話や裏話を伝えます。

毒島誠のトップギア

トップレーサー毒島誠コラム

ボートのトップレーサーが月に1回、仕事や私生活を語り尽くします。

ビューティフル・ボートレース

注目の女子ボートレーサーを紹介

毎月の更新で女子ボートレーサーのプライベートに迫ります。

愛 LOVE RACE

公営競技などの話題が満載!

担当記者がボート、競輪、地方競馬のホットな話題をお届けします。

ボートコンピ販売

ボートコンピがコンビニで買える

ボートコンピ指数が主要コンビニのコピー機から購入できます。

なりすまし真偽チェッカー

なりすまし真偽チェッカー

レーサーやレース場のTwitterアカウントの真偽を調べることができます。





ボート

田頭実が今年2度目のVに照準「3日目後半か…/若松
田頭実が今年2度目のVに照準「3日目後半か…/若松 [記事へ]





右カラム