東潤樹(29=広島)は前回の宮島でオール2連対と、ほぼ完璧な内容でうれしいデビュー初Vを飾り、勢いに乗って蒲郡に参戦する。好調の要因について「スタートの仕方を工夫したり、自分の中で課題を1つずつ考えながら克服した結果だと思う」と冷静に自己分析。前検日の感触も「足はいいですよ。ターンの中期から出口にかけて進んでいた」と確かな手応えを口にする。今節も大暴れの予感が漂う。