金子猛志(49=群馬)が2着2本の好発進を決めた。

1、6Rとも荒れ水面を乗りこなして、成績以上に攻めの姿勢を貫いた。特に3コースから豪快に握った後半6Rは見応えがあった。同レース1着の渡辺真至は「スピード違反ですよ」。4着の小川時光は「ターンに見とれた」と大絶賛。金子自身も「波の中でも人よりは乗れるかな」と乗り心地には合格点を付けた。2日目9Rは4枠。課題に挙げるピット離れを上向かせて、攻め位置を守る。