峰竜太のダービーV機の底力は本物だ。松井洪弥(30=三重)は4日目12Rの転覆の影響が心配されたが、準優10Rを難なく逃げ切った。

「エンジンは大丈夫です。異常はありません」ときっぱり。「出足、行き足もいい。ただ、ペラを少しミスしている。しっかり合えば間違いなく節一。優勝できる足はあります。いいスタートとターンができれば、結果は付いてくるはず」と言葉に力を込める。優勝戦は2枠での登場。強気にスタートを踏み込み、緩急自在に今年初Vを目指す。