橋本凌汰が巻き返しに躍起だ。

特選は主役の中村隆生をたたけずに7着。「完敗っ」と肩を落としたが、すぐに「S級に上がるには準決が大事」と闘争心を再点火した。

養成所時代は0勝の名もなき存在が、デビュー3年目の今は競走得点を91点台に乗せて、S級を狙える力を付けた。

自慢の強地足を生かすには風を切ることが何より。ライン3車の準決6Rは絶好の出番だ。