下條雄太郎(37=長崎)は準優11Rで4カドからコンマ12のトップスタートを決めて、内3艇を一気にのみ込んだ。

5コースの山崎昂介に差されたが、インパクト抜群のレース内容だった。「伸びに振った調整をしてみたけど、ターン回りは犠牲になっていた」と振り返った。

優勝戦に向けては「道中も怪しい感じだったので、時間があるから調整は最初から見つめ直したい。ターンをしっかりさせて、展開を突くイメージでやります。6コースは嫌いじゃない」と意気込んだ。優勝戦も見せ場を作ってみせる。