地元の石井貴子(36=東京)が絶好調だ。強風の中を逃げ切った予1に続き、予2・6Rは打鐘でたたいてきた松井優佳を最終1角からのまくりでねじ伏せて連勝。「ここで、連勝で決勝に乗るのは初めて」と素直に喜んだ。

ホームバンクということで力んでしまうのか、当地は過去10場所以上走って優勝はまだない。「あまりそれを意識せずに、しっかり自力を出して、それで結果がついてくれば」と今回は自然体で臨んでいる。決勝9Rに向けて「最近ちょっと寝不足なので、いっぱい寝て頑張ります」と笑顔で健闘を誓った。