史上初の大会連覇を狙うD組の日本が、ガーナを2-0で下し、2連勝とした。

積極的に攻めた日本は前半こそ無得点に終わったが、後半にPKから2点を挙げた。

後半17分、FW土方麻耶(東京ヴェルディ・メニーナ)が右サイドからの折り返しを相手選手がハンド。これで得たPKをFW浜野まいか(INAC神戸レオネッサ)が冷静にゴール左へ決めて先制した。

さらに後半28分、左CKからのボールを受けたMF岩崎心南(東京ヴェルディ・メニーナ)がペナルティーエリアで倒されてPK獲得。再び浜野がゴール左へ冷静に決めて追加点を挙げた。

日本はその後もMF藤野あおば(東京ヴェルディ・ベレーザ)が惜しいシュートを放つなど決定機をつくったが、3点目はならなかった。

日本は初戦でオランダに1-0と勝利。17日のグループ最終戦で米国と対戦する。