J2ジェフユナイテッド千葉の新外国人FWサウダーニャ(21)が、J初得点を決めた前節岡山戦に続き、2戦連続のゴールをマークした。

岡山戦に続き、今回も圧倒的な個の力を示した。前半30分。ハーフライン付近で相手のパスを奪うとそのままドリブル。「1対1が好き」という助っ人は、ゴール前で相手DF江川、フレイレと「1対2」の状態になった。それでも迷わず抜きにかかった。まず素早く右へドリブルして2人を分断。江川が自分へついてくると、今後は左への素早い切り返しでマークを外し、左足で巻くようなシュートをゴール左へねじ込んだ。これまで何度も決めたことのある「自分の得意な、好きな形」だった。

千葉はサウダーニャのゴールの後、一度は逆転されたものの、後半43分にMF見木が同点ゴール。豪雨の中、今季初の3連勝こそ逃したが、アウェーで勝ち点1をもぎ取った。前節岡山戦の勝利後、「マタキメルカラ ツギモキテネ!」とファンに向けて自筆でメッセージをしたためてサポーターの心をわしづかみにしたサウダーニャ。次の23日町田戦へ向け「2戦連続ゴールはうれしいですけど、このまま続けていかないと意味がない」と3戦連発を誓った。